引き寄せの法則

引き寄せの法則とは?

あなたは、引き寄せの法則という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
引き寄せの法則とは、欲しいものや欲しい結果を、思い通りに引き寄せることの出来る力、そして、それを法則化したものを、引き寄せの法則と言います。

2007年に発行された、引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)を始め、同年発売のザ・シークレットなど、現在では様々な引き寄せの法則関連の書籍が出版されています。

ザ・シークレット

当初は、「そんな力はあるの?」とか「目に見えないものの力なんて信じられない」など、半信半疑の声も多かったですが、最近では、これらの本のブームなども手伝い、大分その考え方も浸透をしてきているようです。

また、科学的に証明がされる部分なども増えてきたことなどから、人々の捉え方も変わってきているようです。
そして何より、引き寄せの法則そのものを使える人が、どんどんと増えてきていることが、引き寄せの法則がここまで浸透してきた一番の理由です。

しかし、まだ、多くの間では信じられていなかったり、半信半疑の目を持っているのも事実です。

実際に、引き寄せの法則をきちんと使いこなせている人は、それでもまだ、ごく少数なのかもしれません。

引き寄せの法則がうまくいく人とうまくいかない人

引き寄せの法則の考え方は至ってシンプルです。
欲しいものをイメージするだけで、何でも引き寄せることができます。

それは、お金であっても、モノであっても、感情であっても同じです。
欲しいと思ったものは、何でも引き寄せることができます。

磁石が磁力によって鉄を引き寄せるように、地球が引力によって物質を引き寄せるように、人間も引き寄せの力によって、欲しいと思ったものは何でも引き寄せることができます。

しかし、本来、全ての人が持っている、引き寄せの力を使える人とそうでない人がいます。
また、同じ人でも、引き寄せられるものと、引き寄せられないもので、違いが出てくる事もあります。

なぜ、誰もが持っている引き寄せの力。
こうして引き寄せられる人とそうでない人、引き寄せられるものと、そうでないもので、違いが出てくるのでしょうか?

この差が生じてしまうことには、大きな理由があります。
それは・・・

違いは意識できるか出来ないかだけ

別の本で思考は現実化するという本があります。
人は脳で考えたこと(思考)が、実現するといった考え方です。
要するに、引き寄せたい(思考)と考えたものは、引き寄せられる(実現する)と言うことです。

頭脳

しかし、この思考の部分を間違えると、引き寄せられるものも引き寄せられなくなってしまいます。

引き寄せたいものを引き寄せるためには、ただ、意識するだけではダメなんです。
引き寄せたいと思ったものを、心の底から、そう思わなければ、なりません。

そして、すでに、それが実現しているかのように、思うことも大切です。

この心の底というのがポイントで、人は、欲しい欲しい(引き寄せたい)と思っても、心の底の部分で、

「どうせ自分には、そんなものを手に入れられるはずがない」

だとか、

「どうせ自分なんかうまくいくはずがない」

出来ない

と、感じていたら、いくら頭の中で、

それを手にした自分やうまくいっている自分をイメージしたとしても、それを引き寄せることはできません。
心の底でこう感じていたら、引き寄せられるものも引き寄せられなくなってしまいます。

この、心の底の声のことをよく、メンタルブロックなどと言いますが、このメンタルブロックを外さない限り、本当の意味での引き寄せを起こすことはできません。

では、どうしたら、この心底の声であるメンタルブロックを取り外すことが出来るでしょうか?

メンタルブロックの2つの取り外し方

メンタルブロックを取り外すには2つの方法があります。
メンタルブロックはあなたの間違った思い込みによって作られます。
この間違った思い込みを変えてあげることで、メンタルブロックを取り外すことが出来ます。

メンタルブロックの取り外し方一つ目:強制的に間違った思い込みを変える

まず、メンタルブロックを取り外す方法の一つ目です。
それは、強制的に間違った思い込みを変える方法です。

具体的に説明をします。

例えば、巣から飛べないでいる鷹の子供がいます。

鷹の子供

この鷹の子供は何かが原因で、

自分は空を飛ぶことが出来ない。

と、勘違いをしてしまっています。(間違った思い込み)

さて、この飛べない鷹の子供。
どうしたら、飛べるようになるでしょうか?
もう、周りでは、この鷹の子供の兄弟や仲間たちはすでに大空を飛び回っています。

でも、それを見ても、その鷹の子供は飛ぼうとはしません。
なぜなら、自分が大空を飛べるとは思っていないからです。

親の鷹がいくら、

「お前は鷹の子供なんだから、飛べるんだよ!」

と言っても、その鷹の子供は飛ぼうともしないし、自分で飛べるとも思いません。

飛べる力(能力)があるのに、自分自信で飛べると思わないから、飛ぶことは出来ないんです。
人間でも全く同じです。

あなたは、それを出来る力や能力があるのに、行動ができないでいる人を何度も見たことがあるでしょうか?
何人知っているでしょうか?

ここまで、この文章を読んで頂いているということは、きっと、あなた自身にも、同じような経験があると思います。

能力があるのに、間違った思い込みがあることで、行動ができない。

実は、これは、全ての人にとって当てはまることです。
あなただけが、そうなわけではありません。

では、この飛べない鷹の子供。
どうしたら飛ぶことができるでしょうか?

ここで、最も簡単な方法が、

巣から突き落とす

です。

巣から突き落とされた鷹の子供。
いくら鷹と言えども、落ちたら死んでしまいます。
そうならないためにも、必死で羽を羽ばたかせます。

すると・・・

空飛ぶ鷹

元々、飛ぶ力のあった鷹の子供ですから、当然、飛ぶことができます。

一度飛べてしまえば、あとは飛ぶのは簡単です。

自分は飛ぶことが出来ない

といった間違った思い込み(メンタルブロック)は簡単に取り外すことができてしまいます。
少し乱暴な方法ではありますが、心のメンタルブロックを取り外すためにはこれが一番、簡単な方法です。

親や教師、上司などが、子供や生徒、部下に向かって、

「とにかくまず、何も考えないで良いからやってみろ!」

と言うのはそのためです。
やれば出来る。出来れば、思い込みが変わることを知っているから、そう言うのです。

ですので、あなたが、自分の心の中のメンタルブロックを取り外したいのなら、まずは行動をおこす事です。
それにより、思い込みが変われば(メンタルブロックが外れれば)、あなたは、簡単に本来持っている、引き寄せの力を使う事が出来ます。

強制的に間違った思い込みを変えさせることの危険性

この、飛べない鷹の子供を巣から突き落とすように、強制的に思い込みを変えさせる方法はとても、有効で、効果的な方法です。

ただ、そこには勇気が必要なので、自分一人では中々出来ない。
といった欠点があります。

また、場合によっては、危険性も伴うこともあります。

鷹の子供の場合は、元々飛ぶ力(能力)があったのでうまくいきました。
しかし、この鷹の子供が、本当は飛ぶ力が無かったら、どうなるでしょう?

例えば、先天的に飛ぶ力が欠けていたり、怪我をしていて、飛ぶ力を失っていたとしたら・・・

この鷹の子供は飛べずに、落ちて死んでしまいます。
落ちる寸前に、その子供の親が助けてくれたとしても、それにより、心には更に深い傷を負うことになってしまうでしょう。

たとえ、怪我が治って、飛ぶ力が戻ったとしても、この鷹の子供は一生、飛ぶことが出来なくなってしまうかもしれません。

跳ねることのできなくなったノミの話

ここで1つ面白い話をさせて頂きます。
あなたは、ノミの話をご存知でしょうか?

飛べない蚤

ノミとはあの小さな虫のノミのことです。
ノミは体調が2mm〜5mmと大変小さな体をしていますが、ジャンプ力は驚異的で、30cmも飛ぶことが出来ると言われています。

このノミを小さな箱の中に入れます。
高さが10cmくらいの小さな箱です。

はじめのうちは、知能の低いノミですから、当然、この小さな箱の天井に頭をぶつけてしまいます。
しかし、少しすると、このノミは天井すれすれのところでジャンプすることをやめてしまいます。

ノミは、本能的にこれ以上ジャンプをすると、天井に頭をぶつけることを知ったからです。

では、この箱の中に閉じ込められたノミを、また、元の場所に戻してあげたらどうなるでしょうか?
そこには低い天井も、跳ねることを遮るものも何もありません。

しかし、このノミは天井が無いにもかかわらず、元の高さまで、ジャンプすることをしません。

なぜ、30cmまで高く飛ぶことのできるノミが、高く飛べなくなってしまうのでしょうか?

それは、飛ぶ力が無くなったのではなく、小さな箱に閉じ込められたことで、自分は高く飛ぶことができない。
と、間違った思い込みを作ってしまったことが原因です。

話を戻します。

飛ぶ力のある鷹の子供に対して、有効なこの手段も、力の無い鷹の子供には、逆にとても危険な方法でもあります。

人間の場合も同じで、この方法が有効に働く場面も多いですが、ひとつ間違えると、逆に大きな、トラウマを抱えてしまう危険性も伴います。
そのため、この方法で行う場合は、専属のコーチなどを付けて行うか、また、自分で自覚の出来る(顕在意識にある)小さな思い込みで行うことをお勧めします。

(例:食わず嫌いでいるものをあえて食べてみる。苦手だと思っていた習い事(英語など)をあえて習ってみる。など)

引き寄せの力の邪魔をしている、心の底の思い込みである、メンタルブロックを取り外すためには、多少、難しいやり方ではあります。

メンタルブロックの取り外し方二つ目:過去の意識をさかのぼる

では、メンタルブロックの取り外し方についての二つ目です。
それは、過去の意識にさかのぼっていくやり方です。

メンタルブロックとなる間違った思い込みを作ってしまったことには、必ず、原因があります。
そして、その原因は必ず過去にあります。

その過去にさかのぼって、それを変えてあげれば、簡単にメンタルブロックを取り外すことができます。

過去の間違った思い込みは大概、幼少期の頃に作られる

過去の間違った思い込みは大概、1〜7歳の幼少期の頃に作られます。
この、1〜7歳の頃の時期のことを、心理学の世界では刷り込み期と言います。

親や周りから言われた言葉を、何でも、乾いたスポンジのように、吸収をする時期です。
この時期に、自分の中の信念や価値観の土台の部分を形成します。

この時期に、良いことをいっぱい教えたり、色々な経験をさせることによって、子供たちは大きな心の土台を作ることが出来ます。

しかし、この時期の子供たちに対して、このような言葉を聞かせたらどうなるでしょうか?

「あ〜、今月もお金が足りなくて困ちゃうわ〜、何でいくら働いても働いても、ちっともお金は増えないのかしら?世の中不公平!悪い人ばかり、お金持ちになって!良い人はみんな、損ばかり!」

これを聞いた子供は、きっと、

  • お金は頑張って働いても増えないもの
  • お金持ちは悪い人
  • 世の中は不公平
  • 良い人は損をする

悩む子どもたち

こうした、間違った思い込みを作ってしまうことになるでしょう。

この場合は、親のネガティブな発言が原因です。
ですので、普段から使う言葉に気をつけていれば、自分でそこに気付くことは出来ます。

間違った思い込みを作るのはネガティブな発言や態度、行動だけではない

間違った思い込みの原因が、親のネガティブな発言や態度、行動が原因だった場合は、過去の記憶にさかのぼることで、自分でそれ(間違った思い込みを作ってしまった原因)に気付くことが出来るでしょう。

しかし、間違った思い込みを作るのは、こういったネガティブな発言や態度、行動だけではありません。

普段の何気ない発言や態度、行動が間違った思い込みを作ってしまうことがあります。
実は、これがやっかいで、殆どの場合、自分では気付くことや変えることが出来ません。
その為、長年、心のブロックとして、はびこり続けてしまいます。

子供たちというのは親の意図した通りに、全てを理解するわけではありません。
時には、親の言った言葉や態度、行動を間違って捉えてしまうことがあります。

例えば、親が、

「頑張れば何でも出来るよ!」

と常に言い続けていたとします。

すると、逆に

頑張らない自分は何もできない

と、ネガティブな思い込みを作ってしまうことがあります。

更に掘り下げていくと、

頑張らない自分は何もできない

矢印

頑張らない自分は無価値な人間だ

矢印

頑張らない自分は存在価値がない

子供の悩み2

と、このように、心の深い部分で、かなり大きなネガティブな思い込みを作ってしまうことがあります。

しかも、心の深い部分にあるので、普段は自分で気がつくことができません。

凄くシンプルに、書きましたが、こうして親や周りの言葉や態度、行動が意図していない方向に働いてしまうことは普段から、極当たり前としてあることです。

これは、心の奥底に眠っているものなので、普段の意識状態の時には、自分でも気がつくことができません。

心の深い部分に、このような思い込みを作っていることによって、例えば、

 

存在価値のない自分は誰からも愛されない

存在価値のない自分は成功できない

存在価値のない自分は幸せになれない

 

と、一つの深い思い込みを持っていることによって、様々な関連する思い込みを作ってしまっていることがあります。

その為、ネガティブな人は、何においてもネガティブだったり、また、常に何か新しい行動をすることに抵抗を感じてしまうのです。

本当の意味で、心のメンタルブロックを取り外すためには、この、根底にある、間違った思い込みを変えてあげる必要があります。

根底にある間違った思い込みは、とても深い部分にあるので、普段は中々顔を出そうとしません。

その為、ほとんどの場合、根底にある思い込みは自分で気がつくことができません。
もし、自分で気がついているとしたら、それは、根底の思い込みでは無く、もう少し浅い部分の思い込みかもしれません。
その下の更に深い部分に、別の思い込みが眠っているはずです。

根底にある間違った思い込みを見つける方法

では、どうしたらこの根底にある間違った思い込みを見つけることが出来るでしょうか?
方法は、一つではありませんが、その中で、自分でも出来る最も簡単な方法をご紹介させて頂きます。

根底にある間違った思い込みを見つけるためには、自分に「なぜ?」を問いかける

根底にある間違った思い込みを見つける方法として、一人でもできて、一番簡単な方法が、

自分に「なぜ?」を問いかける

です。

心の奥底にあるものですが、それは自分の中にあるものなので、必ず、自分の力で掘り起こすことができます。
その方法の一つが、この、

自分に「なぜ?」を問いかける

方法です。
やり方を説明します。

例えば、あなたが、お金を稼ぎたいけど、中々それが実現できないでいるとします。
お金を稼ぐためには様々な要素が必要です。
そかし、稼げないでいる場合の殆どが、この心の奥底の間違った思い込みに原因があると考えられます。

入ってくるお金の大小を決める要因の80%は、この思い込みの部分にあるとも言います。

仮の思い込みを設定する

そこで、その間違った思い込みを見つけるためにまず、

仮の思い込みを設定します。

やり方は簡単です。

自分に対して、

「お金とは何ですか?」

質問

この質問をして下さい。
そして、この質問に対して、出来る限り沢山の答えを書き出して下さい。

  • お金は単なる道具
  • お金はエネルギー
  • お金は人を幸せにする
  • お金は人を不幸にする
  • お金は汚いものだ
  • お金は争いのものだ
  • お金があれば、何でも手に入る
  • 自分はお金持ちにはなれない

・・・

こんな感じで、どんどん書き出していきます。

出来れば20個以上、書き出してみて下さい。

そうすると、その中にネガティブなものが見つかるはずです。
あまり考えこまずに、直感を使って、どんどん書き出していくことがポイントです。
(直感で書き出すことで、潜在意識に近いものが出やすいため)

そのネガティブなものの中から、一つを選択します。

あとは、それに対して、

自分に「なぜ?」を問いかける

だけです。

自分に「なぜ?」を何回も問いかける

例えば、

お金は人を不幸にする

といったネガティブなものに決めたとします。
これに対して、

「お金は人を不幸にする」

「なぜなら?」

「お金は争いの元だから」

「なぜなら?」

「お金は人をダメにする」

・・・

このように、自分自身に対して「なぜ?」を繰り返すことで、色々とネガティブなものが出てくるはずです。

その過程で、きっと、今まで忘れていた昔の思い出が蘇ってくると思います。

そこに、根底となる間違った思い込みを作ってしまった原因が潜んでいます。

ここまで来たら、あとは、ゆっくりと目を閉じて、そのことを、ただただ、感じてみて下さい。

根底の思い込みを見つける最後の質問

そして最後に、この出てきた答え(この場合は「お金を人をダメにする」)に対して、

「それは、自分にとって何を意味しますか?」

この質問を投げかけて下さい。

そうすると、

「自分は無価値な人間」

など、更に深いものが出てくるはずです。

更に深いものが出てこない場合は、何度も、

「それは、自分にとって何を意味しますか?」

この質問を繰り返して下さい。

これはあくまでも一例ですが、こうして、自分自身に質問を投げかけていくことで、メンタルブロックである、根底にある間違った思い込みを見つけることができます。

ただ、自分自身でやる場合は、どうしても、意識の部分が邪魔をして、一番深いところまで到達するのが出来ないかもしれません。
もし、可能であれば、誰かとペアになって行うことをお勧めします。

一人でも、今まで考えてもいなかったような、深い部分の思い込みを探し出すことがでるはずですので、是非、試してみて下さい。

間違った思い込みには肯定的な意味がある

深い部分の間違った思い込みを探しだしたことで、気持ち的には少し重い感じになっているかもしれません。
しかし、その間違った思い込みには肯定的な意味があります。

肯定的な意味というのは、その間違った思い込みを持つことにより、得られているプラスの目的のことです。

簡単に言うと、

「自分は無価値な人間だ」と思うことで、

「何か失敗をした時に落ち込まないで済む」

このようなものがプラスの目的です。

この場合も、更に以下の質問を繰り返していきます。

「それによって何を得ようとしていますか?」

「周りとの協調性」

「それによって何を得ようとしていますか?」

「幸せ」

「それによって何を得ようとしていますか?」

「人との繋がり」

「それによって何を得ようとしていますか?」

「宇宙との繋がり」

地球との繋がり

これも、あくまでも一例ですが、このように質問を繰り返すことで、その間違った思い込みを持っていることで、得ようとしている肯定的な目的を見つけることが出来ます。

間違った思い込みに感謝して手放す

あとは、今まで心の奥底で持っていた間違った思い込みに感謝をして、手放して手放すだけです。
そして、その間違った思い込みを持つことで得ようとしていた、肯定的な目的に日々、目を向けて歩んでいくだけです。

そして、それを引き寄せ言葉として唱えていくと、更に効果的です。

ここは少しコツや慣れが必要ですが、今回のケースですと、お金をテーマとして扱っているので、最後に出てきた「宇宙との繋がり」と言う言葉を使って、

「宇宙と繋がっている自分に、キラキラ光るお金がどんどん舞い降りてくる」

このような、引き寄せ言葉を作って、後はそれをイメージしながら、日々唱えるだけです。
そうすると、イメージしたものがどんどんと引き寄せることが出来るようになります。

僕は趣味で走っているので、普段のランニング最中に、この引き寄せ言葉を唱えながら走っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
引き寄せの法則が使える人と使えない人。
また、引き寄せの法則が使える場合と、使えない場合で違いがある理由がわかったかと思います。

そして、引き寄せの法則の作用を阻んでいるものが、メンタルブロックであり、それは心の奥底にある間違った思い込みであることにも、気付いて頂けたかと思います。

心の奥底にある、間違った思い込みを探し出して、メンタルブロックを取り外す方法もお伝えさせて頂きました。

そして、最後に、間違った思い込みが持つ、肯定的な目的から作り出した、引き寄せ言葉を作る方法の紹介もさせて頂きました。

この言葉を唱え、日々、引き寄せたいものをイメージするだけで、誰にでも簡単に引き寄せの法則をマスターすることができます。

このページでお伝えさせて頂いたことは、引き寄せの法則のごく一部になりますが、必ず効果の出る方法です。

このページ参考に、引き寄せの法則のマスターを目指して頂けたら幸いです。

幸せ

 

引き寄せセラピー

当サイトでは、上記で説明した引き寄せの法則以外にも、様々な引き寄せの法則の説明をさせて頂いております。
また、ご自身で行う引き寄せの法則以外にもセッション形式で行う引き寄せセラピーも各種ご用意をしております。

セッションは対面以外にもSkypeを使って全国どこからでもご利用いただくことが可能です。
詳細については下記のバナーをクリックしてご確認ください。

119.30.222.14

 

 

引き寄せの法則を無料メールマガジンで学ぶことが出来ます

引き寄せの法則を完全に自分のものにしたい!引き寄せの法則を完全にマスターして周りの人の願いも叶えてあげたい!引き寄せの法則で、世界中を幸せにしたい!そんな方の為に、日々、メールマガジンの配信の行っております。

ご登録後の解除も自由に行なえますので、まずは、お気軽にご登録下さい☆

メルマガ限定の情報や、引き寄せの法則のお役立ち情報をいち早くお届けさせて頂きますので、是非、お楽しみにして下さい☆

なりたい自分を引き寄せる!
誰でも簡単!1日3分!まるマが引き寄せ実践講座

引き寄せの法則メルマガサイド

ツールバーへスキップ