【引き寄せの法則】宇宙人ぺぺが教えてくれたお金と豊かさを引き寄せるための宇宙思考: お金と豊かさを引き寄せるためのマインドセット&宇宙の原理原則 

・なぜお金だけ引き寄せられないのか?

今作は好評を頂いている、

【引き寄せの法則】シリーズ

の第8作品目になります。

そして、前作、

・宇宙人ぺぺが教えてくれた夢を叶える宇宙思考でできている

前前作、

・宇宙人ぺぺが教えてくれた夢をかなえるための9つの魔法の鍵

に引き続き、3作目の対話形式での作品になります。

前作では、

宇宙の真理

についても触れさせて頂きました。

僕たちは常に、

循環

によって成り立っています。

全ての根源は、循環にあります。

そして循環とは、宇宙意識でもあります。

僕たち全ての人の中に宇宙意識は存在します。

思考の現実化も、引き寄せの法則も根源は全てここ(宇宙意識)にあります。

夢を叶える(豊かさや富を引き寄せる)ための9つの魔法の鍵

普遍の変化のサイクル

ダイナミック・スピン・リリース

これらをマスターすることで、自然と宇宙のサイクル(循環)に乗った自分の人生が生きられるようになります。

思考の現実化も、引き寄せの法則も、当たり前のものになります。

今作では、この考えを軸として、

お金と豊かさをテーマにお伝えさせて頂きます。

先に言うと、

お金とは幻想

です。

なぜ、多くの人はお金によって悩むのでしょうか?

人の悩みの8割は、お金が関係していると言われています。

お金が幻想であるなら、悩みの多くも幻想だということです。

それに気づけば、悩みの8割は解消することになります。
悩みが解消すれば、人はそれだけ、幸せで豊かな人生を送れるようになります。

多くの人が引き寄せの法則によって、人生を変えています。

人間関係や健康面の悩みを解決しています。

しかし、引き寄せの法則をマスターした人でも、お金の悩みを解消できていない人が大勢います。

むしろ、引き寄せの法則をまじめに学んだ人ほど、お金の悩みが深くなっている場合もあります。

素直に取り組んでいる人ほど、お金の悩みが解消できずにいます。

なぜなら・・・

お金の矛盾を体験するからです。

自分が変わることで、人間関係も健康面も良くなることを体験したのに、なぜかお金だけが全然引き寄せられない。

ワクワクの波動でいるはずなのに・・・

好きなことやポジティブなことにフォーカスしているはずなのに・・・

なぜか、お金だけが引き寄せられない・・・

なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

本書ではその疑問や悩みを解決する方法を、詳しく解説させて頂きます。

この疑問が解決することで、お金も豊かさも、自由に引き寄せられるようになります。

今作も、小学生でもわかるような内容で、宇宙人ぺぺに優しく丁寧に解説してもらいます。

是非、最後までゆっくり楽しみながら読み進めて頂ければ幸いです。

■■目次■■

■はじめに
・なぜお金だけ引き寄せられないのか?
・本書について 

■エピローグ 
・登場人物紹介 
・壊された井戸 

■第1章:お金とは?豊かさとは? 
・ぺぺとの再会 
・貧困は不幸か? 
・豊かさとお金の違い 
・なぜ、人はお金で悩むのか? 
・お金は腐らない?だから・・・ 
・お金が無くても循環していた時代 
・水汲みはやりたくないこと? 
・豊かなホームレス 

■第2章:お金に対する無意識の思い込みを書き換える 
・お金が無いと生きていけない? 
・集合的無意識が変われば世界が変わる 
・沢山の反応からの学びと気づき 
・なぜお金は循環しづらいのか? 

■第3章:宇宙意識でお金も豊かさもどんどん引き寄せられる 
・ただ与える実験 
・お金を豊かさに転換する 
・お金と豊かさを周りにも広げる 
・理想の状態をインストールするモデリング 
・豊かさとお金の循環 
・豊かさもお金も無限に広がる 
・豊かなお金の使い方 
・稼いだお金を自分の為に使う 
・全ては愛でできている 
・3つの質問 

■エピローグ 
・ぺぺからの手紙 

■あとがき 
・愛の循環にフォーカスする 
・今後のぺぺシリーズについて 

関連記事

  1. 宇宙人ぺぺが教えてくれた夢を叶える宇宙思考: 宇宙も僕たちも…

  2. 沖縄から縄文時代再生!現代のテクノロジーと融合した先の未来:…

  3. Kindle電子書籍出版で上位5%に入る売れる本を書き続ける…

  4. コロナ・ワクチンよりも怖い!洗脳とマインドコントロールで思考…

  5. なぜ今、ヴィーガン!?健康だけじゃなかった!ヴィーガンがもた…

  6. 僕はこうして詐欺師に騙された!SNS・マッチングアプリには気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。