幸せな人生を引き寄せるための【7つの習慣】:30歳までに身につけた習慣があなたの人生を変える!

幸せな人生を引き寄せるのに必要なのは、この本で紹介する、【7つの習慣】を手にするだけです。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

この7つの習慣を手のすることで、最終的にあなたの【運命】が変わります。

20代の頃まで、毎日もがき苦しんでいた、僕が言うなら、間違いありません!笑

この電子書籍は、43歳のおっさん(僕)が20代の若者に向けて、書いた本です。

勿論、30代でも、40代でも、それ以降の年代の方にも、参考になる内容です。

これまで、30冊以上の電子書籍を書いてきましたが、若者に向けて書いたのは、今回が初めてです。

では、なぜ僕がこうして若者に向けて、書いたのでしょうか?

それには二つの理由があります。

一つ目の理由は、今の若者たちに、当時の僕のような、辛く苦しい人生を歩んで欲しくなかったからです。

そして、二つ目の理由は、

今、僕が感じているような幸せを、できるだけ若いうちに感じて欲しかったからです。

あなたが今、十分に幸せを感じているなら、この本はあなたにとって必要無いかもしれません。
でも、昔の僕のように辛く苦しい人生を歩んでいるなら、ぜひ、この本を最後まで読んでください。

僕は、幼少期の頃から、20代の頃まで、本当に辛く苦しい人生を歩んでいました。

毎日、出口の見えない暗闇の中を、もがき苦しみながら生きていました。

しかし、そんな自分がまるで嘘のように、30代の頃に人生が代わり、40歳を過ぎた今では、本当に心から幸せな人生を生きられるようになりました。

この本を手にしてくれたあなたには、若い頃の僕のように、苦しんで欲しくありません。

少しでも早く、幸せな人生を手にして欲しいです。

なぜなら、それが、あなたの幸せだけでなく、地球全体の平和にも繋がっているからです。

そして、もしあなたが、30代や、僕と同じような40代、もしくはそれよりも上の年代だとしても・・・

まずは、あなた自身が、幸せな人生を手にしてください。

そして、この本を読んで感じたことなどを、ぜひ、一人でも多くの若者たちに、伝えてください。

この本を紹介して頂いても嬉しいです。

幸せな人生を手に入れるのは、簡単です。

これから、この本で紹介する、7つの習慣を実践して頂くだけです。

難しいことは一つもありません。

ぜひ、気楽な気持ちで最後まで読み進めて頂ければ幸いです。

■■目次■■

■はじめに
・僕がこの本を書こうとした理由
・習慣が変われば運命が変わる  
・幸せな人生を引き寄せる7つの習慣  

■第1章:ポジティブシンキングを身につける  
・思考が現実を作る  
・引き寄せの法則  
・ポジティブを引き寄せる方法  
・未来志向を心がける  
・人と比べない  

■第2章:運動習慣を身につける  
・運動習慣は幸せな人生を引き寄せる  
・理想の運動量は週に150分  
・適度な運動を心がける  

■第3章:規則正しい生活を心がける  
・早起きは三文の徳  
・早起きは三億の徳  
・なぜ僕が、早起きを習慣にできたのか?  
・睡眠時間にはこだわらない  

■第4章:規則正しい食生活を心がける  
・食の常識を疑ってみる  
・1日2食にしてみたら人生が激変!  
・腸は超大事!  
・腸内環境を整える方法  

■第5章:良質な情報のインプットを心がける  
・情報の海に溺れている  
・多読のススメ  
・本は1時間で読んで、内容をまとめる  
・速聴のススメ  
・信頼できる人から情報を受け取る  

■第6章:学んだことはアウトプットする  
・教うるは学ぶの半ば  
・インプットした情報はアウトプットしよう!  
・余裕があるなら、ブログやnoteにもチャレンジする  
・アウトプットした情報がお金になる  
・Kindle電子書籍出版のススメ  

■第7章:若いうちは、失敗し続けよう!  
・失敗は成功の母  
・今の僕から過去の僕を見て  

■おわりに  
・感謝について

関連記事

  1. 沖縄から縄文時代再生!現代のテクノロジーと融合した先の未来:…

  2. コロナもワクチンもマスクもだから怖い!:コロナが脅威なただ1…

  3. 人生を変える疑問力!:洗脳社会を抜け出して自由に生きるための…

  4. 沖縄移住1年生:~沖縄に憧れて家族で移住をしてみました!

  5. Kindle電子書籍出版で上位5%に入る売れる本を書き続ける…

  6. 僕らは宇宙でできている〜意識の回転方向を変えるだけで全てがう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。