ありがとうのくに

子供たちのため、家族のため、そして自分のために、必死になって、お金を稼ぐ。
お金さえあれば、幸せになれると思っていた。

しかし、何不自由無く生活できるだけのお金を手に入れても、心の底から幸せを感じることは無かった。

何かが足りない・・・

その何かとは・・・

それが「ありがとう」だった。

日常生活を見渡してみても、最近は「ありがとう」が言えない人が増えていることに気付く。
僕自身も「ありがとう」が言えないでいた。

でも「ありがとう」の言葉をを声に出すようになってから、本当に幸せを感じられるようになった。

そんな想いを伝えたくて、この本を書くことに決めた。
大人の僕たちが「ありがとう」を言えなければ、子供たちだって当然、言うことができない。
子供は親の鏡です。

お金の無い世界なども語っているので、中には、違和感を感じた方もいるかもしれない。
これはお金がいらないとか、大切でないと言っているわけではない。
もっと大切な気持に気付いてもらいたくて、あえて、このような世界も画いてみた。

親御さんが感じたなりに、子供たちに伝えて頂ければと思います。

関連記事

  1. 食事でよくなる!それって本当に発達障害!?:なぜたった2つの…

  2. 嫌われる快感:人から嫌われる不安や恐怖の感情はこうして書き換…

  3. レムリアからのメッセージ〜風の時代☆:本当の自分を生きられる…

  4. 今こそ絶対!免疫力!猿でもわかるウィルスに負けない健康な体の…

  5. コロナもワクチンもマスクもだから怖い!:コロナが脅威なただ1…

  6. 闇の存在に気づいてしまったあなたへ:光と闇の戦い?あなたが望…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。